大浦地区振興会

 熊本県は天草市有明町にある小さな集落”大浦”

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
デコポンオーナー収穫祭から1ヶ月ちょっとが経過しました。

みなさんデコポンの味はいかがでしたか?
今年は少し生育が遅かったため
収穫祭の時もまだ青みが残っているような状態でした。

そのためか酸味が抜けるまでに
例年より時間がかかったのではないでしょうか?

いつもは2週間程度で食べごろになると説明していましたが・・・

今日は通常のデコポンが今どうなっているのかお知らせします。

オーナーのようにミカン園から直接消費者に届くケースは
ここ大浦地区ではデコポンオーナー以外はありません。

通常、農家が収穫したミカンは一旦倉庫に保管され
味が良くなってきたら選果場などへ出荷します。

そこで昨日、光崎部会長のところへお邪魔しました。
そして、オーナー園の別の木で獲れたデコポンを試食させていただきました
2012 デコポン試食


そのお味はというと・・・

最高でした

甘くて適度に酸味があり、そしてデコポン特有のあの香り
とても美味しいデコポンでした。

ただ、このデコポンは2月10日頃に収穫したそうです。
今年は前述したとおり青みが残っていたため
収穫時期をずらしたそうです。

例年だったらとてもこのようなことはやりません。
ミカンは凍ってしまうと味も落ち商品価値が下がるためです。
2月3日の大寒波の時は「もうだめばい」と思われたそうです。

農家の大変なところは”自然のなりゆきまかせ”ということでしょう。
寒ければ寒いなりの病気が
暖かければ暖かいなりの被害が 毎年のように襲ってきます。

今年も途中までは過去最高の出来と皆さん言っておられましたが
いざ、収穫となると青みが残っているなどなど

デコポンのオーナー制度の目的として
農家と同じ気持ちを体験してもらうというのもあります。

同じ場所、同じ木なのに同じデコポンにはならないと
感じながら味わっていただきたいと思いますし、
そんなデコポンを買っていただけると幸いです

次回もデコポンのその後と題し
保管方法の違いなどを説明出来ればと思っています。





それではまた
ランキングバーナー
スポンサーサイト
どうもお久しぶりです。
思うように更新ができず申し訳ございません。

ところでここのところ急激に寒くなりましたが
体調を崩したりされていませんか?

寒さも一段落しそうですが
皆さんお体にはご自愛ください。

さて、デコポンの収穫祭まで2週間をきりました。
オーナーの皆様には12月上旬に生育状況を
お知らせしたところですが
現在の様子について気になるところだと思います。

今の状態はこんな感じです。
2011.12.26デコポン


アップでみたらこんな感じ
2011.12.26デコポンアップ



以前にもまして色づいてきました。

天草地方の露地のデコポンは
早いところでは20日頃から収穫されています。

これは寒さなどでミカンが凍る場合があるため
早めに収穫されます。

しかしながら、天草でも比較的温暖な大浦地区では
もう少し熟すのを待ち
多くの農家は年明けから収穫されるとのことです。

この方が、よりおいしいデコポンとなることでしょう。
今年も、収穫時にはおいしく食すことのできる状態になると思われます。

でも、収穫して数日経過してからの方が
よりおいしくなるんですけどね。

それでは、オーナーの皆まさにおかれましては
収穫祭にお逢いしましょう。
地区住民一同楽しみにお待ちしております。



当日の好天を願って
新ランキングバーナー
現在、天草では、加温ハウスで栽培されているデコポンの収穫が始まりました。
そこで、我が大浦地区振興会産業部会長で、デコポンオーナー制度の園主でお世話に
なっている光修一さんのハウスにお邪魔してきました。

ハウスの中は、こんなに大きなデコポンが沢山ありました。
たわわに実ったデコポン





ていねいに収穫作業をされていた光さんご夫婦
収穫作業の様子収穫作業の様子





ほとんどが2L以上と大きなものばかりで、中には4L程度のものも・・・
4Lくらいだそうです





収穫されたデコポンは、JAあまくさ選果場の光センサーの検査を受けて出荷されます。
先日のテレビ報道では、1個あたり1,000円程度で販売されるとのこと。
光さんをはじめ、収穫作業に忙しい農家のみなさん、頑張ってくださいね。

話は変わりますが・・・
なんと、10月に種を播いたがうれしいことに咲いてくれました
ヒマワリの様子ヒマワリの様子





寒い日が続いていたので、咲いてくれるか心配していましたが、今月13日(日)の
ふれあい祭り頃にきれいに咲いてくれたらなぁと思っています。

それでは、咲いてくれたヒマワリに感謝しながら失礼したいと思います。
よろしければ応援のワンクリックをお願いします
ランキングバーナー
 デコポン出荷のニュースが11月の下旬に流れていました。
 大浦地区でも少加温デコポン栽培の2件の農家が
12月になり収穫を始めました。

 私も収穫の様子と今年のデコポンの様子を確認したかったので、
オーナー制度の園主になっていただいている西川さんの園に行って来ました。

 今年のデコポンは露地・ハウス共に低酸低糖ぎみとのことで
実際、収穫したものを試食してもおいしいとは思えませんでした。

 デコポンは収穫してから2週間程度おいておいた方がおいしいと話を聞いていたので、
このデコポンも日が経った方がおいしいんですか?と尋ねたところ
「そりゃ~そん方がうまかよ」ということだったので、先日いただいたデコポンを今日食べてみました。
2008ハウスデコポン試食

 たべた感想はと言うと
 本当においしくなりました。

 先日、もぎたてのものより断然おいしかったです。
 子供も最初は
 いらないと言っていましたが
 後からまた食べると言っていくつも食べていました。

 結果、やっぱりデコポンは収穫してから
何日か置いておいた方がおいしいということになりました。

 皆さんも収穫したデコポンを幾日かおいておいたうえで
食べるようにしましょう。
 ほんとうにおいしいですよ!


 ちなみにこの少加温のハウスデコポンはものすごく高価なものです。
 みなさんが店頭で見るときはありえない金額になっていると思います。

 でも本当においしいデコポンは露地のものです。
 オーナーの方にはデコポンの特性とかを知った上で味わっていただきたいと思います。



新ランキングバーナー


こんばんは。
今日はデコポンの花について紹介します。

実は管理人は
葉っぱなら何となく
この種類かなぁぐらいは分かります。

でも、花は全く分かりません。
というかあまり見た記憶がありません。

前置きが長くなってすいません。
いつものネタふりです。

デコポンの花2008

早速ですが、これがデコポンの花です。(だそうです。)

木全体的にはこんな感じです。
デコポンの花と木2008

わかりますか?
白くて小さな花がたくさんあります。

この画像を見て管理人は
「何の品種かいっちょんわからん。」とつぶやきました。

そこで、光崎部長に電話しました。

管理人「みかんの花は種類毎に形が違うと?」
光崎部長「そらぁだいぶ違うよ。花びらのまる~なっとるととかあるけんな。」
管理人「ふ~ん。農家の人はやっぱ分かると?」
光崎部長「そら、当たり前やっか。夕方見て見ろ。すぐ分かるけん。」
管理人「夜しか帰らんけん分からんちゃん。」

こんな会話をしながらデコポンの花について確認したところです。

この花が終わるとこんな感じになります。
デコポンの赤ちゃん2008

見えますか?小さいですが実がなりそうなやつがあると思います。
これがデコポンになる部分です。たぶん。(本当に詳しくなくてすいません。)
デコポンの赤ちゃんと言ったところでしょうか。

今度の命名式を迎える頃には
親指の爪より大きくなっていることでしょう。



いったん休止状態が長く続いて申し訳ございませんでした。
これからは定期的にご報告していますので、
今まで以上によろしくお願いします。
それでは、今日も「せ~の!ポチッとな!」クリックしてね。
新ランキングバーナー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。