大浦地区振興会

 熊本県は天草市有明町にある小さな集落”大浦”

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
みなさん、こんにちは
今日から、6回に分けて「ミカン(不知火)の木オーナー制度」でお世話になる
園主の方々をご紹介させていただきます。
園主の皆さんに、どのくらいミカンを栽培されているのか、大変な作業菜何かをお尋ね
しましたので、順次ご紹介します。

本日は、園地①の園主である光修一さんとその妻友子さんです。
光ご夫婦





Q1 どのくらいミカンを作っているのですか?
 施設(加温デコポン 18a、屋根掛け 5a)
 露地デコポン 70a
 早生ミカン 20a
 極早生ミカン 5a
 清見 10a
 河内晩柑 12a
 パール柑 2a  です。

Q2 農作業で一番大変な作業は?
 摘果作業、農薬散布ですね。
*摘果とは美味しく大きくするため、まだ青くて小さいとき果実を取っていく作業です。

Q3デコポンの栽培で特に気をつけていることは?
 収穫の時、果実を大事に扱うことです。

Q4 デコポン以外で自慢できるミカンは?
 早生温州・・・興津(おきつ)早生です

Q5 オーナーのみなさんへ一言お願いします。
 心を込めて、美味しいデコポンができるように毎日頑張っています

光修一さんは、我が大浦地区振興会の産業部会長でも頑張っていらっしゃいます。

このような感じで、園主の方をご紹介していきたいと思います。
次回は、園地②の久保さんご夫婦を紹介します。

それでは、今日もいつものようにいってみたいと思います。
せーの!
ポチッとなクリックしてね。
ランキングバーナー
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ooura.blog113.fc2.com/tb.php/114-c998662d

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。