大浦地区振興会

 熊本県は天草市有明町にある小さな集落”大浦”

こんにちは。今日の大浦は朝からです。
こんな天気がまだしばらく続きそうで、梅雨明けが待ち遠しい私です。

さて、7月9日(金)にタコつぼ漁に同行させてもらいましたので、
「漁ってどのようにしているの?」と思われる方もいらっしゃいると
思いますのでご紹介しますね

大浦漁港からの出港の様子です。
出港





タコつぼを沈めているポイントに到着したら、
早速機械を使って引き上げ作業を開始します。
引き上げ作業引き上げられるタコつぼ





この日は、3杯のタコをゲット!
つぼから這い出るタコつぼから這い出るタコ





獲れたタコは、奥さんがネットに分別し、間違えないように番号札を入れて
いけすの中へ・・・
ネットと番号札タコは番号札を入れてネットに入れて分別





1本のロープに付いているタコつぼを全部船の上に引き上げた後は、
また別のポイントへ移動し投入します。
引き上げたつぼは再度投入





全てのタコつぼを引き上げ、再投入を完了して帰港。
船の上でタコの急所を突いて弱らせ(こちらでは「しめる」といいます)て
丸田さんの自宅へ持ち帰ります。
タコの急所を突いて弱らせる





持ち帰ったタコは、ビニール袋に入れて計量します。
その後、袋ごとに名札をつけて、冷凍庫に入れて保存します。
タコを自宅に持ち帰り計量ビニール袋には番号札を取り付けて管理冷凍保存して保管





こんな感じでタコつぼ漁は行われます。
近日中に第4回目の引き上げをされるそうなので、
またお知らせしますね

それでは、みなさん、また
新ランキングバーナー
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ooura.blog113.fc2.com/tb.php/258-041b4e86

| ホーム |